コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天花粉/天瓜粉 テンカフン

デジタル大辞泉の解説

てんか‐ふん〔テンクワ‐〕【天花粉/天×瓜粉】

キカラスウリの根から製した白いでんぷん。子供のあせも・ただれ予防などに用いる。あせしらず。 夏》「―ところきらはず打たれけり/草城

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天花粉【てんかふん】

カラスウリの根からとったデンプンを精製した白色粉末。粒子が細かく,あせもなどの予防や症状の軽減に用いる。中医薬学領域では,生薬自体(括楼根(かろこん))を天花粉と称することがある。
→関連項目医薬部外品カラスウリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

天花粉/天瓜粉の関連キーワードデンプン作物毒消し売りジャガイモ汗知らず瓜呂根打粉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android