コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕎麦 ソバ

デジタル大辞泉の解説

そば【蕎麦】

タデ科の一年草。高さ40~70センチ。茎は赤みを帯び、葉は心臓形で先がとがる。夏または秋、白色や淡紅色の花びら状の萼(がく)をもつ小花を総状につける。実は三角卵形で緑白色、乾くと黒褐色になり、ひいてそば粉を作る。中央アジアの原産で、古く渡来し栽培される。そばむぎ。くろむぎ。 花=秋》「山畠や―の白さもぞっとする/一茶
《「蕎麦切り」の略》蕎麦粉につなぎを加え、水でこねて薄く延ばし、細く切ったもの。ゆでてつけ汁につけたり、汁をかけたりして食べる。
2に似た細長い麺。「中華蕎麦」「沖縄蕎麦

そば‐むぎ【×蕎麦】

ソバ古名。〈和名抄

そま‐むぎ【×蕎麦】

ソバの古名。
「隣なりける家の畠に―を植ゑて侍りけるを」〈著聞集・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

蕎麦

そばとは「そば切り」の略で、蕎麦粉で作られた麺食品の事です。そばつゆをかけたり、浸したりして食べます。この他にもそばの実は焼酎やお茶などにも用いられています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

そば【蕎麦】

タデ科の一年草作物。またその実を挽いて作った粉(そば粉)を水で練って薄くのばし、細く切って作った麺。つなぎに小麦粉、やまのいもなどを用いるものも多い。生麺をゆでて用いるが、乾麺もある。ゆでた麺を、水にさらして締めるなどしたあと、つけ汁につけながら薬味を添えて食べたり、あたたかい汁に入れて食べたりする。◇「そば切り」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

そば【蕎麦】

〔「そば(稜)」の意という〕
タデ科の一年生作物。中央アジア原産で、日本へは古く渡来。茎は赤みを帯び、高さ約60センチメートルで、三角心形の葉を互生する。花は白色小形で、初秋、葉腋ようえき・茎頂に多数総状につく。実は三角卵形で黒熟し、種子をひいて蕎麦粉とする。古名ソバムギ。 [季] 秋。
蕎麦粉を水でこねて薄くのばし、細長く切った食品。ゆでてつけ汁につけたり、または汁をかけたりして食べる。そば切り。

そばむぎ【蕎麦】

植物ソバの古名。 〔本草和名〕

そまむぎ【蕎麦】

そばむぎ(蕎麦) 」に同じ。 「 -をうゑて侍りけるを/著聞 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕎麦 (ソバ・スムギ)

学名:Fagopyrum esculentum
植物。タデ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蕎麦の関連キーワード固焼き蕎麦/堅焼き蕎麦生蕎麦[なまそば]衣川ふるさと自然塾蕎麦切り・蕎麦切藪蕎麦・薮蕎麦かんだやぶそば蕎麦切り包丁熱盛り・熱盛麺切り包丁佐岐久佐奈とち食らふ蕎麦の殿様くるみそば佐木久佐奈蕎麦の羽織年越し蕎麦更科・更級十割蕎麦蒸し蕎麦支那蕎麦

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蕎麦の関連情報