コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶南国 ふなんこく Fu-nan

1件 の用語解説(扶南国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶南国
ふなんこく
Fu-nan

1世紀末頃より7世紀前半まで,インド的国家としてメコン川下流域に建てられていたクメール族の国家。首都ビヤーダプラは現在のカンボジア,プレイペン州バ・プノム山付近に比定される。一時は現在のタイからビルマ (現ミャンマー) 南部,さらにはタイ湾をへだてたマレー半島全域をその支配下におき,東南アジアにおける最も優勢な国家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扶南国の関連キーワードハバネラデリースルターン朝ミリンダ王の問大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田兵庫県小野市黍田町奈良県橿原市五条野町奈良県奈良市神功カルキディウススンダラル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone