コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶南国 ふなんこくFu-nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶南国
ふなんこく
Fu-nan

1世紀末頃より7世紀前半まで,インド的国家としてメコン川下流域に建てられていたクメール族の国家。首都ビヤーダプラは現在のカンボジア,プレイペン州バ・プノム山付近に比定される。一時は現在のタイからビルマ (現ミャンマー) 南部,さらにはタイ湾をへだてたマレー半島全域をその支配下におき,東南アジアにおける最も優勢な国家となった。このような隆盛は,この国の建国初期以来引続いて行われてきた,高い文化を身につけたインドからの移住者たちの支配とその指導に負うところが大きい。6世紀中葉,北方の属国としてメコン川中流域 (現ラオス南部) に位置していた同民族系統の国家真臘の攻撃を受けて領土の大部分を失い,都を南方のナラバラナガラ (タケオ) に移し,7世紀中葉完全に滅亡した。扶南の遺跡は,外港として繁栄したオケオをはじめ,現在のコーチシナやカンボジア南部に多く散在している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

扶南国の関連キーワード東南アジア史(年表)ドバーラバティー王国カウンディンヤ東南アジア美術マレーシア史東南アジア史カンボジア史オケオ遺跡ウートーン扶南異物志真諦

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android