コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶南 フナン

デジタル大辞泉の解説

ふなん【扶南】

インドシナ半島南部にクメール人が建てた古代国家。1~2世紀ごろ成立し、南海貿易に従事、インド文化の影響を受けて栄えたが、7世紀半ばに真臘(しんろう)に滅ぼされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

扶南【ふなん】

1―2世紀にメコン川下流域を中心に成立したクメール人最初の国家。3世紀半ばから現在のカンボジアを中心にインドシナ半島南部一帯からマレー半島の一部にまで発展し,当時の海上交通の要衝をおさえた。
→関連項目オケオカンボジア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなん【扶南】

1世紀ころから7世紀前半まで,カンボジアのメコン川デルタ地帯にあったクメール族の古代王国。インド文化の影響下に興起した国であり,国名の扶南は現地音〈ブナムBnam(山の意)〉を中国語で音写したといわれる。碑文史料ではバラモンのカウンディンヤが渡来して土侯の娘ソマーと結婚して建国したと伝えている。中国史料(《梁書》《南斉書》など)ではインドから混塡(クンディナ?)が来航し,現地の女王柳葉をめとり,この国を支配したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふなん【扶南】

インドシナ半島、メコン川下流域にクメール人が建てた国の中国名。一~二世紀に成立、海上貿易で栄え、インド文化の影響を受けた。北方の真臘しんろうに圧迫され七世紀に衰亡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扶南
ふなん

インドシナ半島、メコン川下流域にあった国。国名は、古クメール語で「山」を意味する「ブナム」の音写と考えられ、その民族はインドネシア系民族とする説が有力である。1世紀ごろメコン川下流域に建国し、2世紀初めの范師蔓(はんしまん)は「扶南大王」を称し、南はマレー半島北部、西は下ビルマまでその支配を拡大した。ベトナム出土の同時代のボカイン石柱刻文は東南アジア最古の刻文で、そこにはインドのブラーフミー系文字とサンスクリット語が使用され、文中のシュリーマーラは范師蔓の原音と推定される。その後、7世紀まで海上貿易で栄えた。都市遺跡のオケオは首都ビャーダプラ(特牧(とくぼく)城。現在のバナムと推定される)の南東に位置し、その貿易港であり、ローマ皇帝像を刻む金貨、インドの仏像、扶南の銀貨などが発見されている。7世紀初め北方の真臘(しんろう)国に圧迫されて南のナラバラナガラ(那弗那(なふつな)城。現在のアンコール・ボレイと推定される)に遷都し、7世紀中葉に滅亡した。[仲田浩三]
『セデス著、辛島昇・内田晶子・桜井由躬雄訳『インドシナ文明史』(1980・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

扶南の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)ドバーラバティー文化ドバーラバティー王国東南アジア史(年表)シャイレーンドラ朝真臘・真臈・真﨟東南アジア美術カンボジア文学東南アジア史カンボジア史メコン[川]マレーシア史クシャーナ朝インドシナオケオ遺跡ロンスエンウートーン扶南異物志建国神話室利仏誓

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android