扶翼(読み)フヨク

大辞林 第三版の解説

ふよく【扶翼】

( 名 ) スル
助け守ること。 「天壌無窮の皇運を-する/求安録 鑑三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐よく【扶翼】

〘名〙 力をそえて助けること。
※本朝文粋(1060頃)九・聴第一皇孫始読御注孝経詩序〈大江匡衡〉「得扶翼於戚里、誰招商山四皓之霜」 〔魏武帝‐譲封表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扶翼の関連情報