(読み)ヤク

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐・す【扼】

〘他サ変〙 ⇒やくする(扼)

やく‐・する【扼】

〘他サ変〙 やく・す 〘他サ変〙
① しっかりとつかむ。握り締める。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉九「妾は思はず手を扼(ヤク)して、〈略〉無量の感に撃たれたり」
② おさえる。おさえつける。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「その自己の語に、既にその日の課業の項(くび)を扼(ヤク)せりと云へり」
③ 物事の重点・要点をおさえる。重要な地点・要衝を占める。
※帰去来(1901)〈国木田独歩〉一四「水場の入江を扼(ヤク)する阿多多の鼻は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android