扼腕(読み)ヤクワン

デジタル大辞泉の解説

やく‐わん【×扼腕】

[名](スル)残念がったり憤慨したりして、自分の腕を握りしめること。「切歯扼腕する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくわん【扼腕】

( 名 ) スル
憤慨したり、残念がったりして、思わず自分の腕をにぎりしめること。 「切歯-する」 「或は愕き或は怕おそれ、或は憤懣-して、堪へ兼たる侯伯貴族は/慨世士伝 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やく‐わん【扼腕・扼捥・腕】

〘名〙 自分で自分のを強くにぎりしめること。憤ったり、残念がったりするさまをいう。切歯扼腕
※本朝文粋(1060頃)一・貧女吟〈紀長谷雄〉「毎日群遊侠客筵、交談捥常招飲」 〔戦国策‐魏策・哀王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android