コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切歯扼腕 セッシヤクワン

デジタル大辞泉の解説

せっし‐やくわん【切歯×扼腕】

[名](スル)《「史記」張儀伝にある言葉から》怒り・くやしさ・無念さなどの気持ちから、歯ぎしりをし腕を強く握り締めること。「出し抜かれたと知り切歯扼腕する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっしやくわん【切歯扼腕】

( 名 ) スル
〔史記 刺客伝
歯ぎしりしたり自分の腕を握り締めたりすること。ひどく残念がったり怒ったりすることにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切歯扼腕の関連キーワード厄・役・扼・疫・益・約・薬・藥・訳・譯・躍彎・湾・灣・腕扼腕

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android