切歯扼腕(読み)せっしやくわん

四字熟語を知る辞典「切歯扼腕」の解説

切歯扼腕

歯ぎしりをして自分のをにぎりしめること。憤慨したりくやしがったりするときの様子にいう。

[活用] ―する。

[使用例] オレの人生が割りきれたら、と今までどんなに切歯扼腕したか知れやしない[坂口安吾*握った手|1954]

[解説] 「切歯」は歯ぎしりをすること。「腕」は激しく意気込んで自分の一方の手で他方の腕を押さえること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「切歯扼腕」の解説

せっし‐やくわん【切歯扼腕】

〘名〙 (「史記‐張儀伝」の「是故天下游談士、莫日夜腕瞋目切歯、以言従之便、以説人主」から) 歯ぎしりをし腕をにぎりしめること。激しく怒ったりくやしがったりする様子にいう。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「一客切歯扼腕(〈注〉ハガミハリヒジ)進んで曰く、余は乃ち漢学生也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「切歯扼腕」の解説

せっし‐やくわん【切歯×扼腕】

[名](スル)《「史記」張儀伝にある言葉から》怒り・くやしさ・無念さなどの気持ちから、歯ぎしりをし腕を強く握り締めること。「出し抜かれたと知り切歯扼腕する」
[類語]悔しがる悔しい歯軋り歯噛み悔し泣き悔し涙唇を噛む臍をかむ地団駄を踏む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android