扼殺(読み)ヤクサツ

デジタル大辞泉の解説

やく‐さつ【×扼殺】

[名](スル)手で首をしめて殺すこと。「言い争いのあげく扼殺した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やくさつ【扼殺】

手によって頸部が圧迫されることを扼頸(やくけい)throttling,それによって死亡することを扼死,他人によって生じた死を扼殺という。前腕による圧迫も扼頸の特異なものとされているが,〈腕絞めmugging〉として区別されることもある。扼頸は自分でも可能であるが,死亡することはほとんどなく,1980年の警察庁の統計によれば,扼死90件中,自殺2件,自過失死4件であり,扼殺は82件であった。死因は窒息であるが,ごくまれに,頸部の神経系が急激に圧迫されて生じるショックによることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やくさつ【扼殺】

( 名 ) スル
手や腕でしめ殺すこと。特に頸部をしめて殺すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扼殺の関連情報