コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投資信託振替制度 とうししんたくふりかえせいど

投資信託の用語集の解説

投資信託振替制度


受益証券を無券面化し、投資信託の設定や解約、償還等に伴う受益者権利の管理をコンピュータシステムにより行う制度のこと。この制度の開始により、原則として受益証券は発行されないようになり、受益者の権利の管理は、証券保管振替機構や証券会社などが備えるコンピュータ上の帳簿(振替口座簿)で行われるようになった。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

投資信託振替制度の関連キーワード保護預かり制度振替制度受益権

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android