コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投資者保護基金 とうししゃほごききん

1件 の用語解説(投資者保護基金の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

投資者保護基金


証券会社に預けている金融資産は、基本的には証券会社の資産とは分別して管理されているが、証券会社の破綻等、万が一の事故により支払いに支障が出た場合に顧客一人当たり最大1,000万円を限度として支払いを補償する仕組みのこと。基金にほ証券会社(国内に支店のある外国証券会社を含む。)の加入が法律で定められている。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資者保護基金の関連キーワード貸借取引抵当証券法保管金融資産日本証券金融個人金融資産リスク資産銀行系証券会社独立系証券会社投資運用会社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投資者保護基金の関連情報