抗原虫薬(読み)こうげんちゅうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抗原虫薬
こうげんちゅうやく

原虫性疾患の治療と予防に用いられる薬剤。病原体として人体に寄生する原虫にはマラリア原虫、赤痢アメーバ、トリパノソーマトリコモナス、リーシュマニアなどがある。マラリアにはキニーネ、クロロキン、アクリナミン、プリマキン、「ファンシダール」、ピリメタミンなどがある。アメーバ赤痢に対してはエメチン(吐根アルカロイド)、カルバルゾン、パロモマイシンやテトラサイクリン系抗生物質が用いられ、トリパノソーマは睡眠病の病原体で、この治療薬として酒石酸ナトリウムアンチモン、ペンタミジン(「ロミジン」)、「ゲルマニン」などがあげられる。トリコモナスの局所感染症に対してはトリコマイシン、ナイスタチンなどの抗真菌性抗生物質のほか、メトロニダゾール、チニダゾールなどの内服薬がある。リーシュマニアは熱帯病であるカラアザールの病原体で、この治療にはスチボフェン(「ファジン」)、ペントスタムなどが用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android