コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗白血病薬 こうはっけつびょうやくantileukemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗白血病薬
こうはっけつびょうやく
antileukemia

白血病の化学療法剤。直接細胞核の構造に作用する細胞分裂毒であるナイトロジェンマスタードナイトロミン,代謝拮抗物質として,細胞分裂の中期から後期に障害を与える葉酸拮抗剤のアミノプテリン,DNA合成を妨げるプリン拮抗物質の6-メルカプトプリンがある。そのほかザルコマイシン,マイトマイシンなどの抗生物質や ACTH,コーチゾンプレドニゾロンなどのステロイドホルモンが用いられることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

抗白血病薬の関連キーワード多血症(赤血球増多症)骨髄性白血病アルカロイド急性白血病

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android