コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜刀 バットウ

デジタル大辞泉の解説

ばっ‐とう〔‐タウ〕【抜刀】

[名](スル)刀を(さや)からくこと。また、その

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっとう【抜刀】

( 名 ) スル
刀を抜くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の抜刀の言及

【居合】より

…現在,居合道と呼ばれるが,古くは居相,坐合,抜刀,抜剣,鞘の中(うち)などとも称した。戦国時代,戦場における急な変に対処し,すばやく腰の刀を抜いて敵の攻撃に応じ,敵を制するための武術として編み出されたものである。…

※「抜刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

抜刀の関連キーワード武芸十八般・武藝十八般差し付ける・差付ける国家弥右衛門斎木三右衛門市川 紀元二本橋次左衛門神夢想林崎流田宮平兵衛片山伯耆流浅山一伝斎武芸十八般田宮三之助楠見彰太郎外山 正一土屋市兵衛丸目主水正林崎重信片山久安林崎甚助小沢 武

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜刀の関連情報