(読み)ジン

デジタル大辞泉の解説

じん【刃】

やいば。はもの。

じん【刃】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジン(漢) ニン(呉) [訓] やいば
〈ジン〉
は。やいば。「白刃氷刃兵刃
はもの。刀。「凶刃利刃
刀で切り殺す。「自刃
〈は(ば)〉「刃物出刃諸刃(もろは)
[補説]「刄」は俗字。
[難読]刃傷(にんじょう)刃毀(はこぼ)れ

は【刃】

刃物のふちの薄くて鋭い、物を切ったり削ったりする部分。「刀のがこぼれる」

やい‐ば【刃】

《「や(焼)きば(刃)」の音変化》
焼き入れをして鍛えた刃。また、刃文
刀剣・刃物などの総称。「を交える」「を向ける」
刃のように鋭く威力のあるもの。
「凡そとぶ鳥をも落とすばかりと、面々に―の験徳を現して」〈謡・調伏曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じん【刃】

やいば。はもの。

は【刃】

〔「歯」と同源〕
物を切る道具の、切ったり削ったりするために薄く鋭くしてある部分。 「 -を研ぐ」 「刀の-が欠ける」

やいば【刃】

〔「焼き刃」の転〕
焼き入れをして硬化させた刃。また、刃の表面に見える波形の模様。
刀剣など刃のついたものの総称。 「 -に掛ける(=刀デ斬ル)」
鋭いさま、威力のあるさまの形容。 「氷の-」 「飛ぶ鳥も祈り落とすほどの-の験者とぞ聞こえし/平家 5
[句項目] 刃に掛かる 刃に伏す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刃の関連情報