コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジン

デジタル大辞泉の解説

じん【刃】

やいば。はもの。

じん【刃】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジン(漢) ニン(呉) [訓] やいば
〈ジン〉
は。やいば。「白刃氷刃兵刃
はもの。刀。「凶刃利刃
刀で切り殺す。「自刃
〈は(ば)〉「刃物出刃諸刃(もろは)
[補説]「刄」は俗字。
[難読]刃傷(にんじょう)刃毀(はこぼ)れ

は【刃】

刃物のふちの薄くて鋭い、物を切ったり削ったりする部分。「刀のがこぼれる」

やい‐ば【刃】

《「や(焼)きば(刃)」の音変化》
焼き入れをして鍛えた刃。また、刃文
刀剣・刃物などの総称。「を交える」「を向ける」
刃のように鋭く威力のあるもの。
「凡そとぶ鳥をも落とすばかりと、面々に―の験徳を現して」〈謡・調伏曽我〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じん【刃】

やいば。はもの。
[句項目]

は【刃】

〔「歯」と同源〕
物を切る道具の、切ったり削ったりするために薄く鋭くしてある部分。 「 -を研ぐ」 「刀の-が欠ける」

やいば【刃】

〔「焼き刃」の転〕
焼き入れをして硬化させた刃。また、刃の表面に見える波形の模様。
刀剣など刃のついたものの総称。 「 -に掛ける(=刀デ斬ル)」
鋭いさま、威力のあるさまの形容。 「氷の-」 「飛ぶ鳥も祈り落とすほどの-の験者とぞ聞こえし/平家 5
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刃の関連キーワード直焼き刃・直焼刃ワンレンフォンナイフリッジナイフエッジ切り刃・切刃焼き刃・焼刃替え刃・替刃刀の刃渡り披針・鈹鍼ブレード両頭石斧カサノバ挿げ替え飛ぶ鳥切っ刃刃渡り刃毀れ剃り刃直焼刃乱れ刃

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刃の関連情報