コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

択伐 タクバツ

デジタル大辞泉の解説

たく‐ばつ【択伐】

[名](スル)用材などに適した木を選んで切り、その跡に後継樹を育てるなどして、森林の更新を図ること。皆伐(かいばつ)に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たくばつ【択伐】

( 名 ) スル
林業で、林内の伐期に達した木を適量ずつ数年から数十年おきに抜き切りして、林内での更新をはかること。 → 皆伐

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の択伐の言及

【皆伐】より

…このような欠点を軽減するため,群状または帯状に小面積を皆伐する方法もある。 皆伐に対して択伐selection cutting,傘伐shelterwood cuttingとよばれる方法がある。前者が成熟木の伐採・収穫を一義的に考えるのに対して,後者は次代の木をうまく育てることに主眼をおいている。…

※「択伐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

択伐の関連情報