コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然更新 てんねんこうしん natural regeneration

6件 の用語解説(天然更新の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然更新
てんねんこうしん
natural regeneration

天然の力を利用して仕立てる造林法。自然に落下した種子から稚樹を発生させ,林の更新をはかる天然下種更新と,切り株,根,地下茎などから萌芽や伏条を発生させる萌芽更新とに大別される。前者はおもに用材林に,後者はおもに薪炭林に対して行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐こうしん〔‐カウシン〕【天然更新】

自然に落ちた種子から発生した稚樹や、根株から芽を出した蘖(ひこばえ)を育てる造林法。天然造林

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集の解説

天然更新

植林等の人為によらずに森林の造成を行うこと。自然に落ちた種子の発芽や樹木の根株からの萌芽等による方法がある。必要に応じて、ササ類の除去等稚樹の成長を助ける作業を行う。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんねんこうしん【天然更新 natural regeneration】

自然の力を利用して林を仕立てること。林を仕立てようとする区域の中に落ちた種子が発芽して定着する場合(天然下種更新)が最も普通で,狭義ではこれを天然更新とよぶ。広義では,切株からの萌芽が大きくなる場合(萌芽更新),下枝が地面につき発根して独立の林木に生長する場合(伏条更新),タケの地下茎からたけのこが発生して育つ場合(地下茎更新)も含められる。 天然下種更新には,種子の親木の位置によって側方下種と上方下種が区別されているが,さらに両者の中間的な林縁下種とよばれる方法もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんねんこうしん【天然更新】

植林など人工によらずに、自然に落ちた種子や根株からの芽を育ててゆく造林法。天然造林。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天然更新
てんねんこうしん

林業で、種子が自然に落ちて芽生えた稚樹、切り株からの萌芽(ほうが/ぼうが)、地下茎からのタケノコなどを利用して次代の林をつくる方法であるが、一般には種子による下種(かしゅ)更新をさす。天然更新した林は多くの樹種が混在した混交林をつくる場合が多く、単一種の病虫害の大発生が抑制される利点があるばかりでなく、気象害への抵抗性が増し、地力の維持に適する長所がある。また、天然更新は、深根性の樹種や根を切るとかわりの根が出にくい樹種、たとえばマツ類やモミ類にとって甚だ有利である。
 天然更新の成績は母樹の配置と稚樹の育て方で決まる場合が多い。陽性樹種のマツ類は更新させる場所の周りに母樹を残しておく方法がとられるが、更新させる場所が大きく母樹林からの距離が遠くなると、散布される種子の分量が少ないばかりでなく、周りの母樹林による更新した稚幼樹への防風効果などが不十分になる。若い間弱い光に耐えるシラベ、トドマツ、ブナなどでは、更新させる場所にある林木がまばらに残るように伐(き)って林内に稚樹を発生させ、稚樹が大きく健全に育ったあと残りの林木を伐る方法がとられる。ブナ林の更新では、伐採地に適当本数の母樹を残し、林床に飛散した種子の発芽とその後の生育を促す目的で、地表をかきおこす方法がとられることもある。天然更新は、林地の条件や作業のやり方で更新成績が変わりやすいので、人工造林が困難な地域に限って実行される。[蜂屋欣二・藤森隆郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天然更新の言及

【人工林】より

…人工林造成の目的は用材,薪炭材などの木材生産であるが,荒廃地,崩壊地の復旧,侵食防止のための砂防林,防風のための防風林,海岸の保全,防潮のための海岸林など特別の目的をもつものも含まれる。 森林をつくる方法は大別して人工造林(造林)と天然更新にわけられる。人工造林は人が種子,苗,挿穂などの造林材料を林地に定着させて次代の森林をつくる方法であり,天然更新は天然にそこにある母樹の種子や切株からの萌芽などを利用育成して次代の森林をつくる方法をいう。…

※「天然更新」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天然更新の関連キーワード造林額仕立て当世仕立て仕立て上り仕立て券仕立て物テーラリング自然乾燥天日乾燥林木育種

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天然更新の関連情報