コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押しかぶせ断層 おしかぶせだんそう

1件 の用語解説(押しかぶせ断層の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

押しかぶせ断層【おしかぶせだんそう】

断層面の傾斜がゆるやか(45°より小)な場合の逆断層。上盤は下盤に対してずり上がり,ずり上がった岩体の移動・褶曲(しゅうきょく)・横倒れなどの重なりでデッケン構造押しかぶせ構造)ができる。
→関連項目地窓断層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の押しかぶせ断層の言及

【断層】より

断層地形
[断層の分類]
 (1)ずれ方による分類 上盤が下盤に対して相対的にずり下がった場合を正断層といい(図2-a),逆にずり上がった場合を逆断層という(図2-b)。逆断層のうち断層面の傾斜が45度以下の緩傾斜の場合を衝上(しようじよう)断層といい,さらに緩傾斜の場合を押しかぶせ断層と呼ぶこともある。これらの断層はいずれも傾斜移動成分をもつものであり,縦ずれ断層(傾斜移動断層)に区分される。…

※「押しかぶせ断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

押しかぶせ断層の関連キーワード逆断層衝上断層横ずれ断層傾斜断層面緩やか押し被せ断層地滑りフェルゲンツ耕地の傾斜の密度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone