コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地窓 じまど

大辞林 第三版の解説

じまど【地窓】

き出し窓まど

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

地窓【じまど】

フェンスターとも。押しかぶせ断層や横臥褶曲(おうがしゅうきょく)によりできたデッケン構造をなす地域において,浸食によって,相対的に下位の岩体(デッケ)が上位の岩体に枠のように取り囲まれて露出している構造。
→関連項目アルプス[山脈]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地窓
じまど

一般に床面に接して設けられる窓をいう。地窓をつくるのは、(1)床面の掃除に便利なため、(2)欄間(らんま)を併用して室内換気を促進するため、(3)床面の採光のため、(4)室内意匠のため、などで、とくに(1)の目的のものを掃出し窓という。和室(畳敷きの室)では一般に人間の体の位置が低いので(2)(3)は機能上からも有効で、これと(4)が絡み合って違い棚あるいは床の間に地窓をとることが多い。[山田幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地窓の言及

【ナップ】より

…有名なミテン山のクリッペは,白亜系~古第三系のフリッシュ層の上により古い三畳系~ジュラ系がのっている。これと反対にナップのある部分がとくに浸食されて,ナップより下の地層群がナップ中に露出したとき,これを地窓(フェンスター)という。オーストリア中央部のホーエ・タウエルン地域は,西アルプスのペンニン帯の岩石が東アルプスの中に顔を出しているところといわれている。…

※「地窓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地窓の関連キーワード菅田庵(かんでんあん)掃き出し窓・掃出し窓エチオピア(国)掛け障子・掛障子押しかぶせ構造延岡衝上断層フェンスター恵観山荘澱看の席桝床の席天桂伝尊大和掻き草庵茶室数寄屋造織部窓掛障子桂離宮下地窓松琴亭山雲床

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地窓の関連情報