コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)手 オシデ

デジタル大辞泉の解説

おし‐で【押(し)手】

《「おして」とも》
我(が)が強いこと。我を通すこと。
「噺(はなし)をさせると―がきいていましたが」〈万太郎末枯
箏(そう)の奏法の一。左手で弦を押さえて張力を高め、音に変化を与える手法。
印判。印鑑。また、手型をいう。→手印(ていん)
「その戸には、文殿と―さしたり」〈宇津保・蔵開上〉
弓を射るときの左手。ゆんで。⇔引き手(で)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

押(し)手の関連キーワード手形(手のひらの形)パパーニン通し矢差押え伽倻琴衛星印鑑印判手印左手張力奏法

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android