押押(読み)おせおせ

  • おすなおすな

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘連語〙 (「おす(押)」の命令形を重ねて強調した語) 押しかけろ押しかけろ。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「此ままは帰らずか、嶋原へをせをせ」
[2] 〘形動〙
① 強引に意志や物事を押し通すさま。
※浮世草子・御前義経記(1700)八「後には三枚がるたのおせおせ」
※洒落本・列仙伝(1763)「おせおせに世をわたる事なり」
② 物事が次々に重なって立て込む様子。「おせおせになる」の形で、仕事などが立て込んで延び延びになるさまにもいう。
※隅田川べり(1977)〈芝木好子〉牡丹の庭「仕事は押せ押せで、ずっと寝ていませんの」
③ 人で混雑する様子。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉その時分「一度其処に行って、押せ押せで、出られなくなって、泣きさうになってから」
[3] 〘感動〙 歌などに合わせて拍子をとるはやしことばの一つ。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「そりゃ国から人がのぼった。おせおせはさん箱すっすっすっやり持」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

押押の関連情報