コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列仙伝 れっせんでんLie-xian-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

列仙伝
れっせんでん
Lie-xian-zhuan

中国仙人伝記集。2巻。伝説上の神農黄帝の頃から,前漢の武帝~宣帝間の仙人 70人について逸話的な伝記を記したもの。前漢時代の劉向 (りゅうきょう) の作といわれる。しかし,内容からもっとのちの人の作であるとする説が有力。六朝時代晋の葛洪の『神仙伝』とともに,中国古代の神仙伝説を知るための貴重な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

列仙伝【れっせんでん】

中国,漢代の劉向(りゅうきょう)の撰と伝える,仙人の伝記。2巻。赤松子(せきしょうし)以下71人の伝記と論評を収める。巻末に総賛1首を付す。晋の葛洪(かっこう)の《神仙伝》とともに,神仙説を知るうえでの資料ではあるが,魏晋時代の偽作であるとも。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れっせんでん【列仙伝 Liè xiān zhuàn】

中国,赤松之(せきしようし)から玄俗(げんぞく)にいたる71人の仙人の伝記集。黄帝,老子,東方朔(とうほうさく)たちもあつかわれ,それぞれの伝記のあとに賛があり,巻末に総賛がある。前漢の劉向(りゆうきよう)の撰述と伝えられるが,その真偽のほどは古くから疑われている。しかし六朝時代にはたしかに存在していた。この書物をはじめて著録する《隋書》経籍志は,漢の阮倉に《列仙図》があったというから,《列仙伝》もなんらかの図をふまえて書かれたものかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

列仙伝の関連キーワード刳い・蘞い・醶い本朝神仙伝冨田 渓仙献笑閣主人鳴り込む遣はさるなぐれる王子喬山海経陸だま列子鶴駕宛然彭祖

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

列仙伝の関連情報