芝木好子(読み)シバキヨシコ

  • 1914―1991
  • 芝木好子 しばき-よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1914-1991 昭和-平成時代の小説家。
大正3年5月7日生まれ。「文芸首都」の同人となり,昭和17年「青果の市」で芥川賞。経済学者大島清と結婚。戦後,歓楽街の女たちをえがいた「洲崎パラダイス」以下の連作,ついで自伝的な3部作「湯葉」「隅田川」「丸の内八号館」を発表。59年「隅田川暮色」で日本文学大賞。57年芸術院恩賜賞,平成元年文化功労者。平成3年8月25日死去。77歳。東京出身。東京府立第一高女卒。本名は大島好子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小説家。東京生まれ。府立第一高等女学校卒業後YMCAに学ぶ。『令女界』など投稿時代を経て、1937年(昭和12)『文芸首都』同人となる。41年経済学者大島清と結婚。『青果の市』(1941)で、傾いた家業をおこす娘を主人公に移り変わる時局を描き、芥川(あくたがわ)賞を受賞。第二次世界大戦後は『洲崎(すさき)パラダイス』(1954)以下の連作で、東京下町の特飲街に取材、独自の領域を開拓。父祖の家系に始まる自伝小説の系統に『湯葉(ゆば)』(1960)、『隅田(すみだ)川』(1961)、『丸の内8号館』(1962)、また伝統芸術に生きる芸術家小説の系統に『葛飾(かつしか)の女』(1965)、『青磁砧(せいじきぬた)』(1971)など。短編集『青磁砧』(1972)は女流文学賞、『隅田川暮色』(1984)で日本文学大賞受賞。堅実な作風で次々と意欲的な題材に取り組み、『黄色い皇帝』(1976)はチョウの採集家を描いた異色作である。83年芸術院会員、89年文化功労者。

[田中美代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

小説家。東京生まれ。「文芸首都」同人。昭和一六年(一九四一)「青果の市」で芥川賞受賞。代表作は自伝的三部作「湯葉」「隅田川」「丸の内八号館」。ほかに「葛飾の女」「青磁砧」など。大正三~平成三年(一九一四‐九一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芝木好子の関連情報