コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝木好子 シバキヨシコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝木好子 しばき-よしこ

1914-1991 昭和-平成時代の小説家。
大正3年5月7日生まれ。「文芸首都」の同人となり,昭和17年「青果の市」で芥川賞。経済学者大島清と結婚。戦後,歓楽街の女たちをえがいた「洲崎パラダイス」以下の連作,ついで自伝的な3部作「湯葉」「隅田川」「丸の内八号館」を発表。59年「隅田川暮色」で日本文学大賞。57年芸術院恩賜賞,平成元年文化功労者。平成3年8月25日死去。77歳。東京出身。東京府立第一高女卒。本名は大島好子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばきよしこ【芝木好子】

1914~1991) 小説家。東京生まれ。本姓、大島。府立第一高女卒。戦後の下町の人情と風俗を背景に、一途に生きる女性を描く。「洲崎パラダイス」「隅田川暮色」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝木好子
しばきよしこ
(1914―1991)

小説家。東京生まれ。府立第一高等女学校卒業後YMCAに学ぶ。『令女界』など投稿時代を経て、1937年(昭和12)『文芸首都』同人となる。41年経済学者大島清と結婚。『青果の市』(1941)で、傾いた家業をおこす娘を主人公に移り変わる時局を描き、芥川(あくたがわ)賞を受賞。第二次世界大戦後は『洲崎(すさき)パラダイス』(1954)以下の連作で、東京下町の特飲街に取材、独自の領域を開拓。父祖の家系に始まる自伝小説の系統に『湯葉(ゆば)』(1960)、『隅田(すみだ)川』(1961)、『丸の内8号館』(1962)、また伝統芸術に生きる芸術家小説の系統に『葛飾(かつしか)の女』(1965)、『青磁砧(せいじきぬた)』(1971)など。短編集『青磁砧』(1972)は女流文学賞、『隅田川暮色』(1984)で日本文学大賞受賞。堅実な作風で次々と意欲的な題材に取り組み、『黄色い皇帝』(1976)はチョウの採集家を描いた異色作である。83年芸術院会員、89年文化功労者。[田中美代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芝木好子の関連キーワード芝木 好子パラダイス田中美代子川島 雄三保高徳蔵風俗洲崎人情

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android