拈華(読み)ねんげ

精選版 日本国語大辞典「拈華」の解説

ねん‐げ【拈華】

〘名〙 をひねること。→拈華微笑(ねんげみしょう)
※正法眼蔵(1231‐53)夢中説夢「いはゆる拈華瞬目、すなはち夢中説夢なり」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉二「拈華(ネンゲ)の一拶は、を去る八千里ならざるも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「拈華」の解説

【拈華】ねんげ

花びらをつまむ。〔五灯会元、一、七仏、釈牟尼仏〕、靈山の會上に在り、を拈りてに示す。の時、衆皆默然たり。のみ、破顏笑す。世云ふ、(われ)に正法眼(しやうばうげんざう)り。涅槃妙心、實相無相、妙法門、不立字、外別傳なり。に付囑すと。

字通「拈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android