拈華(読み)ネンゲ

  • ×拈華

大辞林 第三版の解説

はなをひねること。一般には、拈華微笑みしようの故事を踏まえて用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 花をひねること。→拈華微笑(ねんげみしょう)
※正法眼蔵(1231‐53)夢中説夢「いはゆる拈華瞬目、すなはち夢中説夢なり」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉二「拈華(ネンゲ)の一拶は、此を去る八千里ならざるも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android