コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拈華微笑 ねんげみしょう

5件 の用語解説(拈華微笑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拈華微笑
ねんげみしょう

釈尊が霊鷲山で会衆を前に蓮華を無言でひねったのに,その弟子迦葉 (かしょう) だけが微笑して応じたことをいう。釈尊の心中にある仏教の真理が無言のうちに伝授されたことをいうもので,特に禅宗でしばしば用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねんげ‐みしょう〔‐ミセウ〕【×拈華微笑】

仏語。釈迦が霊鷲山(りょうじゅせん)で説法した際、花をひねり大衆に示したところ、だれにもその意味がわからなかったが、ただ摩訶迦葉(まかかしょう)だけが真意を知って微笑したという故事。そこで釈迦は彼にだけ仏教の真理を授けたといい、禅宗で、以心伝心で法を体得する妙を示すときの語。
[補説]この語の場合、「微笑」を「びしょう」とは読まない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねんげみしょう【拈華微笑 niān huā wēi xiào】

禅宗の起りを説く故事,公案の一つ。以心伝心,不立文字の意。唐代に萌芽があり,宋代に定型化される。《無門関》第10則にあるのが,もっとも著名である。釈迦が霊鷲山で大勢の弟子に説法していると,梵天が金波羅花を献ずる。釈迦は,これをうけとると黙って弟子たちに示す。だれもその意味を理解できない。長老の摩訶迦葉だけが,ひとり微笑する。釈迦は,我に正法眼蔵涅槃妙心実相無相,微妙の法門あり,不立文字,教外別伝,今,摩訶迦葉に付す,と言ったとするもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんげみしょう【拈華微笑】

〘仏〙 〔五灯会元〕 釈迦が霊鷲山りようじゆせんで華はなを拈ひねっていると、他の人々はその意を理解できなかったが、摩訶迦葉まかかしようのみは理解して微笑した。そこで釈迦は、言語で説明できない仏教の真理が摩訶迦葉に伝わったと告げた、という説話。以心伝心による禅宗の伝法の始めを語る説話で、唐以後に作られたものらしい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拈華微笑
ねんげみしょう

禅宗で、釈尊(しゃくそん)(釈迦(しゃか))と弟子の迦葉(かしょう)の付法(仏法の伝授)の物語をいう。釈尊が霊鷲山(りょうじゅせん)で蓮華(れんげ)をかざして大衆に示したとき、大衆はみな黙ってしまったが、ただ迦葉だけはにっこりほほえんだ。そこで釈尊は「正法眼蔵涅槃妙心(しょうぼうげんぞうねはんみょうしん)、実相無相微妙法門(じっそうむそうみみょうほうもん)」の仏教の真理を迦葉に伝えたとする話。北宋(ほくそう)代の偽経『大梵天王問仏決疑経(だいぼんてんのうもんぶつけつぎきょう)』に初めてみえる話であるが、宋代以降の禅宗で盛んに用いて、「以心伝心不立文字(いしんでんしんふりゅうもんじ)」の主張を根拠づける話とした。釈尊の教えが、知識分別では把握できないものであることを説いたものである。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の拈華微笑の言及

【以心伝心】より

…釈尊は,霊鷲山(りようじゆせん)において,8万の大衆を前にして金波羅華をかかげ拈(ねん)じたが,それをみた大衆のうち摩訶迦葉(まかかしよう)ただ一人がその意を悟って破顔微笑し,摩訶迦葉は釈尊から正法を授受されたといわれ,そこに以心伝心のあったことが示されている。この故事を拈華微笑(ねんげみしよう)という。禅門では,ことばや文字,経論によることなく,師資相対して心から心に禅の大法を伝えてきた。…

※「拈華微笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拈華微笑の関連キーワード以心伝心看話禅祖師禅不立文字機に因りて法を説く狗子仏性現成公案垂示話頭隻手の音声

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拈華微笑の関連情報