拍子幕(読み)ひょうしまく

精選版 日本国語大辞典「拍子幕」の解説

ひょうし‐まく ヒャウシ‥【拍子幕】

〘名〙 歌舞伎で、拍子木をはじめに一つ大きく打ち、続いて早めに刻んで打ってゆき、次第に強く間を置いて打ちながら、その間に幕を引くこと。また、そのような拍子木の打ち方。
※黄表紙・齢長尺桃色寿主(1788)「戸をびっしゃりと閉(たて)て耳を閉(ふさ)ぐ、此所拍子幕(ヒャウシマク)の思入れ、大出来大出来」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の拍子幕の言及

【柝】より

…せりふや動作の止りでまず柝頭(きがしら)を入れ,気分の持続を見はからいながら,静かに刻み幕にしていく。閉幕時の刻み方にも,ゆっくりと打ち始めしだいに早く刻む〈本幕(ダラ幕)〉と,小さく刻んでしだいに音を高くしテンポをゆるめて刻む〈拍子幕〉とに使い分けられている。また芝居の続行中,チョチョンの軽い二丁をきっかけに,床(義太夫節)の御簾(みす)が上がり,または清元,常磐津連中の囲い(霞幕)がはずされ,演奏が始まる。…

※「拍子幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android