コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招徳(しょうとく)

デジタル大辞泉プラスの解説

招徳(しょうとく)

京都府、招徳酒造株式会社の製造する日本酒

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しょうとく【招徳】

京都の日本酒。酒名は、明治天皇宸筆「福以徳招」に由来。「純米酒こそ清酒本来の姿」として純米大吟醸酒純米吟醸酒、純米酒を醸造。「延寿万年」は精米歩合40%で仕込む純米大吟醸酒。昭和63年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は祝、日本晴、五百万石など。仕込み水は名水百選「御香水」と同水脈の自家井戸水。蔵元の「招徳酒造」は正保2年(1645)洛中にて創業。大正期に伏見に移転。所在地は京都市伏見区舞台町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

招徳(しょうとく)の関連キーワード京都府

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android