宸筆(読み)しんぴつ

精選版 日本国語大辞典「宸筆」の解説

しん‐ぴつ【宸筆】

〘名〙 天子が自身で書いたもの。天皇の自筆。天皇の直筆神筆
※中右記‐寛治四年(1090)一二月二〇日「今日初有宸筆御画」 〔画継‐巻一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宸筆の言及

【宸翰】より

…宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。…

※「宸筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android