宸筆(読み)しんぴつ

精選版 日本国語大辞典「宸筆」の解説

しん‐ぴつ【宸筆】

〘名〙 天子が自身で書いたもの。天皇の自筆。天皇の直筆。神筆
※中右記‐寛治四年(1090)一二月二〇日「今日初有筆御画」 〔画継‐巻一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「宸筆」の解説

【宸筆】しんぴつ

天子の自筆。〔画継、聖芸、皇帝〕上(しやう)、攸をみ、從官以下に賜し、各ねて行書書一紙を得しめ、宗の書、び宸筆もてするの名畫を出だす。

字通「宸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の宸筆の言及

【宸翰】より

…宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。…

※「宸筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android