コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宸筆 シンピツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぴつ【×宸筆】

天子の直筆(じきひつ)。勅筆宸翰(しんかん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぴつ【宸筆】

天子の自筆。天子の筆跡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宸筆の言及

【宸翰】より

…宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。…

※「宸筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宸筆の関連キーワード匹・弼・必・泌・畢・筆・謐・逼松尾寺(まつおでら 大阪府)鰐淵寺(がくえんじ)円覚寺(神奈川県)円通寺(京都市)東北院職人歌合吐月峰柴屋寺御湯殿上日記頼源(2)飛鳥部常則後小松天皇亀戸天神社後奈良天皇英彦山神宮北野天満宮伊豆山神社補陀洛山寺後宇多天皇貞成親王新薬師寺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宸筆の関連情報