コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宸筆 シンピツ

世界大百科事典内の宸筆の言及

【宸翰】より

…宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。…

※「宸筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宸筆の関連キーワード匹・弼・必・泌・畢・筆・謐・逼松尾寺(まつおでら 大阪府)鰐淵寺(がくえんじ)円覚寺(神奈川県)円通寺(京都市)東北院職人歌合吐月峰柴屋寺御湯殿上日記頼源(2)伊豆山神社飛鳥部常則亀戸天神社後奈良天皇後宇多天皇後小松天皇英彦山神宮北野天満宮補陀洛山寺新薬師寺目黒不動

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宸筆の関連情報