コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡張係数(界面) spreading coefficient

1件 の用語解説(拡張係数(界面)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

拡張係数【spreading coefficient】

ある液体が,これと混ざらない別の液体か,もしくは溶解しない固体の表面にあって,広がろうとする傾向を表す量である.たとえば油1滴を水面上に落とした場合,その接触面では次の三つの力が働く.すなわち水の表面張力 γw,油の表面張力 γo,さらに水と油の界面張力 γwo である.もし γw>γo+γwo ならば油は水面上に広がるが,逆の場合には水面にレンズ状の油滴となって浮く.

そこで S=γw-(γo+γwo)なる値をとると,これが油滴の水面上に広がる能力の目安となるが,これを「拡張係数」と呼ぶ.S の正負で,油が広がるかどうかが定まる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡張係数(界面)の関連キーワード液胞浸透乳濁液液体摩擦溶解湿潤熱曳糸性乳化機アントノフの規則分配比

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone