コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡張係数(界面) spreading coefficient

法則の辞典の解説

拡張係数【spreading coefficient】

ある液体が,これと混ざらない別の液体か,もしくは溶解しない固体の表面にあって,広がろうとする傾向を表す量である.たとえば油1滴を水面上に落とした場合,その接触面では次の三つの力が働く.すなわち水の表面張力 γw,油の表面張力 γo,さらに水と油の界面張力 γwo である.もし γw>γo+γwo ならば油は水面上に広がるが,逆の場合には水面にレンズ状の油滴となって浮く.

そこで S=γw-(γo+γwo)なる値をとると,これが油滴の水面上に広がる能力の目安となるが,これを「拡張係数」と呼ぶ.S正負で,油が広がるかどうかが定まる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

拡張係数(界面)の関連キーワード界面張力水と油

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android