コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拳玉 けんだま

百科事典マイペディアの解説

拳玉【けんだま】

木製の玩具(がんぐ)。剣玉とも書く。江戸時代に中国から伝来。長さ20cmほどの先端をとがらせ,他端を丸く(さら)状にえぐる。中ほどに結びつけたひもの先に穴をあけたをつけ,球を投げ上げて,皿で受けたり,柄の先端を球の穴に入れたりする。明治初期の学制が布かれたころには,これが教育玩具として紹介されたことがある。大正のはじめ,柄を十字形にした現在の形のものが考案された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

拳玉の関連キーワード木製

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android