コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣玉 けんだま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剣玉
けんだま

拳玉とも書く。江戸時代に中国から渡来した木製玩具。棒の一端が皿状になったものに,紐で結ばれた球がつき,これを振ってその反動を利用して棒の先に刺したり,皿に受けたりする。渡来の頃は酒席座興に行われたが,明治期以降は子供のおもちゃとなり,横にも2つの皿状のものがつけられ日月ボールの名で普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐だま【剣玉/拳玉】

木製の玩具。長さ15センチくらいの剣状の柄にを結びつけ、糸の一方に穴のあいた球をつけたもの。振り上げた球を皿で受けたり、柄の先端にはめたりして遊ぶ。江戸中期に中国から渡来、座敷遊びにとり入れられたが、大正ころ皿が三つの十字形になってから、日月(じつげつ)ボールの名で子供の玩具として流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剣玉
けんだま

拳玉とも書く。15センチメートルほどの棒の先端を剣形にとがらせ、ほかの端は皿形につくり、棒には底に穴のあいた球を紐(ひも)で結び付けてある木製玩具(がんぐ)。紐を振って反動をつけながら球を剣の先に挿したり、皿に受けたりして遊ぶ。江戸時代に中国あたりから渡来。1830年(天保1)刊の『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』には、「安永(あんえい)六、七年(1777、78)のころ、拳玉というものできたり。(略)其(その)玉を投げて猪口(ちょこ)の如(ごと)きものの凹(くぼ)みにうけ(略)若(もし)うけ得ざる者に酒を飲ましむ」とあって、当時は酒席の座興に用いた。明治期以後は子供の玩具となり、明治末期から流行。大正、昭和初期にかけて「日月ボール」の名で登場。子供らの人気を集めた。ヨーロッパにもカップ・アンド・ボールcup and ballとよぶ同じような遊戯具がある。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

剣玉の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)両手もしかめ秋山真太郎森本武晴松尾陽介河村和奈剣玉構造江原杏樹星川佳凛羽田徹柏士文拳玉

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剣玉の関連情報