コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拷問禁止条約 ごうもんきんしじょうやくConvention against Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment

知恵蔵の解説

拷問禁止条約

正式名称は「拷問及びその他の残虐、非人道的又は品位を傷つける取り扱い、又は刑罰を禁止する条約」。1984年12月10日、第39回国連総会がこの条約を採択、87年6月26日発効した。条約は加盟国に拷問防止を義務付け、いずれの国で、また何人によって行われた拷問も、犯罪として処罰すべきものとしている。さらに、加盟国に条約実施状況の報告を求めるほか、秘密調査制度、国家・個人通報制度を規定し、それらの実施確保のために、拷問禁止委員会を設置している。日本は99年8月同条約に加入したが、個人通報制度の受諾は行っていない。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごうもんきんしじょうやく【拷問禁止条約】

正称、拷問及び他の残虐な、非人道的な又は品位を傷つける取扱い又は刑罰を禁止する条約。1984年国連総会で採択。87年発効。拷問行為の定義、拷問行為を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拷問禁止条約の関連キーワード引渡し取扱い訴追

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拷問禁止条約の関連情報