コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拷問禁止条約 ごうもんきんしじょうやく Convention against Torture and Other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment

2件 の用語解説(拷問禁止条約の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

拷問禁止条約

正式名称は「拷問及びその他の残虐、非人道的又は品位を傷つける取り扱い、又は刑罰を禁止する条約」。1984年12月10日、第39回国連総会がこの条約を採択、87年6月26日発効した。条約は加盟国に拷問防止を義務付け、いずれの国で、また何人によって行われた拷問も、犯罪として処罰すべきものとしている。さらに、加盟国に条約実施状況の報告を求めるほか、秘密調査制度、国家・個人通報制度を規定し、それらの実施確保のために、拷問禁止委員会を設置している。日本は99年8月同条約に加入したが、個人通報制度の受諾は行っていない。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごうもんきんしじょうやく【拷問禁止条約】

正称、拷問及び他の残虐な、非人道的な又は品位を傷つける取扱い又は刑罰を禁止する条約。1984年国連総会で採択。87年発効。拷問行為の定義、拷問行為を犯罪として扱う義務、その訴追または犯人の引渡しの義務などを定める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拷問禁止条約の関連キーワード人道に対する罪非人小屋海洋投棄規制条約残虐人非人非人頭BWC非人道的憲法36条グリーンカード(Green Card)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拷問禁止条約の関連情報