コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挟箱 はさみばこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挟箱
はさみばこ

道中の着替えの衣服などを中に入れ,棒を通して従者にかつがせた箱。2枚の板の間に衣服を入れ,これを竹ではさんだ戦国期の竹挟から転じたといわれる。近世では,道中での供ぞろえとの関連から,挟箱も武家の格式を表わすようになり,1個だけの片箱,2個を並べる対箱,供ぞろえの先に持たす先箱,後尾に持たす後箱などの区別が生じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

挟箱の関連キーワード取り組む・取組む両掛け・両掛八代妙見祭籠(かご)ちょろい七つ道具五つ道具和家具赤坂奴与勘平忍術両掛軍役奴踊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

挟箱の関連情報