捨身供養(読み)シャシンクヨウ

大辞林 第三版の解説

しゃしんくよう【捨身供養】

〘仏〙 修行・報恩のために、身を仏に捧げたり、飢えた獣に与えたりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃしん‐くよう ‥クヤウ【捨身供養】

〘名〙 仏語。修行・報恩のために、身命を捨て、あるいは自ら手足を焼いて仏に供養したり、身肉をさいて猛に与えたりすること。
※真俗仏事編(1728)三「喜見菩薩焼身〈法華〉と、儀軌〈聖観音儀軌〉の捨身供養とは、正法の捨身なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android