コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捩れ秤(読み)ネジレバカリ

大辞林 第三版の解説

ねじればかり【捩れ秤】

ねじれの角度が、加わった偶力のモーメントの大きさに比例することを利用して、微小な力のモーメントの大きさを測定する装置。金属や石英の細い糸で物体をつるし、これに偶力を作用させたときに生じる糸のねじれの角度を測る。捩り秤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android