掃守・掃部(読み)かにもり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大化前代、宮殿の掃除や儀式の設営などを職掌とした部民。「古語拾遺」には、箒で蟹を掃いたことにより「かにもり」の名が付せられたと伝える。令制では、大蔵省に属した掃部寮(かもんりょう)に掃部が十人配属された。
※古語拾遺(嘉祿本訓)(807)「時に掃守連(むらし)の遠祖、天忍人命に、供奉(つかまつ)り、陪侍(はへ)りす。箒(ははき)を作りて蟹(かに)を掃(ふ)く。仍りて常に鋪設(しきものをす)。遂に以て職(つかさ)と為。号けて蟹守(カニもり)と曰ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android