供奉(読み)グブ

  • ▽供奉

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
行幸や祭礼などのときにお供の行列に加わること。また、その人。おとも。
「鳳輦(ほうれん)の前後を守護し美々しく―し給える有状」〈染崎延房・近世紀聞〉
《「くぶ」とも》「内供奉(ないぐぶ)」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
行幸などの行列に供をすること。また、その人。 騎馬にて-せられしかば/近世紀聞 延房
「内供奉ないぐぶ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (「くぶ」とも) (━する) 物を給すること。供えること。供え奉ること。
※続日本紀‐和銅元年(708)一一月己卯「大甞。遠江但馬二国供奉其事
② (━する) 従事する、仕えるの意を、その動作の相手を敬っていう語。お仕え申し上げること。
※令義解(718)職員「侍医四人。〈掌奉診候。医薬〉」
③ (━する) 天皇の行幸などの行列に供として加わること。また、供の人々。
※太平記(14C後)一一「此寺に一日逗留有て、供奉(グフ)の行列還幸の儀式を被調ける処に」
④ (「くぶ」とも) 仏語。宮中の内道場に奉仕する僧。内供奉(ないぐぶ)のこと。日本では十禅師が兼ねた。内供(ないぐ)。供奉僧。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「若復、印可紹構者、義明供奉其人也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供奉の関連情報