コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供奉 グブ

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐ぶ【供奉】

[名](スル)
行幸や祭礼などのときにお供の行列に加わること。また、その人。おとも。
「鳳輦(ほうれん)の前後を守護し美々しく―し給える有状」〈染崎延房・近世紀聞〉
《「くぶ」とも》「内供奉(ないぐぶ)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐぶ【供奉】

( 名 ) スル
行幸などの行列に供をすること。また、その人。 「騎馬にて-せられしかば/近世紀聞 延房
「内供奉ないぐぶ」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

供奉の関連キーワード桓算・寛算大神山神社飛鳥井雅春玉祖神社移しの馬長奉送使跡部良隆三公九卿小十人組四座雑色由井家常月卿雲客染崎延房徳永昌重祭の除目右兵衛府弓袋差し勇施菩薩御前勅使左兵衛府

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供奉の関連情報