コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛かった カカッタ

デジタル大辞泉の解説

かかっ‐た【掛かった】

[連体](あとに打消しの語を伴って用いる)話になるような。口に出して言えるような。
「ほんにほんに―事(こん)ちゃあねえ」〈滑・浮世床・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかった【掛かった】

( 連語 )
かかわりあう価値がある。下に打ち消しの語を伴って、「話にならない」の意を表す。 「俄かに胴震ひしをつて、-様ぢやなかつたげな/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

掛かったの関連キーワードフランク:プレリュード、コラールとフーガ ロ短調/piano solo橋に逢いては須く馬を下るべし渡を過ぎては船を争う莫れ乗り掛かる・乗り掛るツリーランディングパール富士もて扱う檜垣 伸御簾内打消し幾日内金臈纈伸す延縄チル

掛かったの関連情報