コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)込み カケコミ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐こみ【掛(け)込み】

両替をするとき、利ざやを稼ぐために、客から受け取った金銀の目方を実際より少なめに読むこと。また、その利ざや。⇔掛け出し
「銀二匁、三匁のうちにて、五厘、一分の―を見て」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)込みの関連キーワード商品受渡条件定期積金天井

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android