コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一分 イチブ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶ【一分】

重さ・長さや割合などの単位。→分(ぶ)
ごくわずかであることのたとえ。「一分の隙(すき)も見せない」
一分金」「一分銀」の
律令制の書記である史生(しじょう)の異称。公廨稲(くがいとう)の残りを国府の役人に給与するとき、史生の給与が一分であったことからいう。一分の官
自分ひとり。いちぶん。
「私―にては、早速御返答申しがたし」〈浮・其磧諸国〉

いち‐ぶん【一分】

一身の面目。一人前の人間としての名誉。体面。「一分がすたる」
10に分けたものの一つ。転じて、ごくわずかな部分。
「衆生の中に―の仏性无(な)き者有りと云ふ」〈今昔・四・二八〉
自分ひとり。一身。
「三人もろともにしたる事をも、己れが―の手柄立てを言ひまはり」〈仮・可笑記・一〉
同じものとしてみること。同様。
「我とは兄弟―に申しかはせしに」〈浮・一代男・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶ【一分】

長さの単位。一寸の10分の1。 → ぶ(分)
一割の10分の1。 「二割-」
全体の10分の1。 「 -咲き」
ごくわずかなことのたとえ。 「 -のすきもない」
「一分金」「一分銀」の略。
「一分の官」の略。

いちぶん【一分】

その人の面目。 「男の-が立たない」
分相応。それなりの。 「眼前の人の為に-の利益は為べからんをば/正法眼蔵随聞記」
一様。同様。 「我とは兄弟-に申しかはせしに/浮世草子・一代男 2
ひとり。自身。 「それもてめえ-で済む事か/人情本・閑情末摘花」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一分の関連キーワード青森県三戸郡五戸町野月慶長一分判金大坂一分金三分二地頭打っ付け店一分が立つ天保金銀権助芝居一分金銀一分一厘一寸試し一分判金一分立つ銭を買う安政金銀一分小判浮世草子鎌倉山万延金正字金

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一分の関連情報