コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一分 イチブ

4件 の用語解説(一分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶ【一分】

重さ・長さや割合などの単位。→分(ぶ)
ごくわずかであることのたとえ。「一分の隙(すき)も見せない」
一分金」「一分銀」の略。
律令制書記官である史生(しじょう)の異称。公廨稲(くがいとう)の残りを国府の役人に給与するとき、史生の給与が一分であったことからいう。一分の官
自分ひとり。いちぶん。
「私―にては、早速御返答申しがたし」〈浮・其磧諸国〉

いち‐ぶん【一分】

一身の面目。一人前の人間としての名誉。体面。「一分がすたる」
10に分けたものの一つ。転じて、ごくわずかな部分。
「衆生の中に―の仏性无(な)き者有りと云ふ」〈今昔・四・二八〉
自分ひとり。一身。
「三人もろともにしたる事をも、己れが―の手柄立てを言ひまはり」〈仮・可笑記・一〉
同じものとしてみること。同様。
「我とは兄弟―に申しかはせしに」〈浮・一代男・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちぶ【一分】

長さの単位。一寸の10分の1。 → ぶ(分)
一割の10分の1。 「二割-」
全体の10分の1。 「 -咲き」
ごくわずかなことのたとえ。 「 -のすきもない」
「一分金」「一分銀」の略。
「一分の官」の略。

いちぶん【一分】

その人の面目。 「男の-が立たない」
分相応。それなりの。 「眼前の人の為に-の利益は為べからんをば/正法眼蔵随聞記」
一様。同様。 「我とは兄弟-に申しかはせしに/浮世草子・一代男 2
ひとり。自身。 「それもてめえ-で済む事か/人情本・閑情末摘花」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一分の関連キーワード番手ミクロン一毛一糸ハートリーの単位系ヘヴィサイド‐ローレンツの単位系

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一分の関連情報