採石権(読み)さいせきけん

百科事典マイペディア「採石権」の解説

採石権【さいせきけん】

他人の土地において岩石および砂利(砂・玉石を含む)を採取する権利。採石法(1950年)に基づき,物権とみなされ,地上権規定が準用される。存続期間は20年以内であるが,更新できる。当事者間の設定行為によって成立するが,協議が不調のときは通商産業局長の決定を得て成立する。
→関連項目用益物権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「採石権」の解説

さいせき‐けん【採石権】

他人の土地で岩石・砂利を採取する権利。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「採石権」の解説

さいせき‐けん【採石権】

〘名〙 他人の土地で岩石および砂利を採取することのできる権利。物権とされ、地上権に関する規定が準用される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の採石権の言及

【採石業】より

…1950年公布。採石業は,採石権(設定行為に定めるところに従い他人の土地で岩石および砂利(砂および玉石を含む)を採取する権利)を取得しなければ行うことはできない。採石権は当事者間の契約で設定される用益物権の一つであり,採石法による特別の定めを除くほかは民法の地上権に関する規定が準用される。…

※「採石権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android