コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用益物権 ようえきぶっけんservitude

翻訳|servitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用益物権
ようえきぶっけん
servitude

一定の目的のため他人の土地を使用,収益できる制限物権 (他物権) 。地上権永小作権地役権および入会権がある。所有権の内容のうち,所有物の使用収益をする権能,つまり,使用価値を支配する権能が所有権とは独立の物権とされたもの。交換価値を支配する物権である担保物権に対する。用益物権は,所有権者との契約により設定されるのが原則であるが,時効により原始的に取得される場合もありうる (民法 163,283) 。設定契約により定められた期間の満了,または不行使の結果時効により消滅するほか,この権利が所有権者に帰属したときは消滅する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

用益物権【ようえきぶっけん】

他人の物を一定の目的のために使用収益し得る物権。民法上,地上権永小作権・地役権入会権の4種があるほか,特別法に基づく採石権鉱業権漁業権などもこれに類する。
→関連項目賃借権

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようえきぶっけん【用益物権】

他人の物を一定の目的のために使用,収益する権利のうち,物権たるものを用益物権という。民法では地上権(265~269条ノ2),永小作権(270~279条),地役権(280~293条),および共有の性質を有しない入会(いりあい)権(294条)の4種類が認められている。これらの用益物権はいずれも他人の土地に対する権利である。土地以外の物に対しては,賃貸借使用貸借(無償の場合)など,債権による権利以外にはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようえきぶっけん【用益物権】

他人の土地を使用・収益する物権。民法上は地上権・永小作権・地役権・入会権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用益物権
ようえきぶっけん

他人の土地を一定の目的のために使用収益する物権。所有権の機能の一部を制限するので、担保物権とともに制限物権として、所有権に対立する。民法上の権利では、地上権、永小作権、地役権、共有の性質をもたない入会(いりあい)権がこれにあたる。また、特別法上の権利としては、採石権、鉱業権、漁業権などは物権として規定されており(採石法4条3項、鉱業法12条、漁業法23条1項)、これらは用益物権にあたる。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

用益物権の関連キーワード国有財産・公有財産追奪担保責任使用収益権第三取得者消滅時効国有財産公有財産用益権採石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android