コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用益物権 ようえきぶっけん servitude

翻訳|servitude

7件 の用語解説(用益物権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用益物権
ようえきぶっけん
servitude

一定の目的のため他人の土地を使用,収益できる制限物権 (他物権) 。地上権,永小作権,地役権および入会権がある。所有権の内容のうち,所有物の使用収益をする権能,つまり,使用価値を支配する権能が所有権とは独立の物権とされたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようえき‐ぶっけん【用益物権】

他人の土地を一定の目的のために使用・収益する物権地上権永小作権地役権・入会(いりあい)権など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

用益物権【ようえきぶっけん】

他人の物を一定の目的のために使用収益し得る物権。民法上,地上権永小作権・地役権入会権の4種があるほか,特別法に基づく採石権鉱業権漁業権などもこれに類する。
→関連項目賃借権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

かんたん不動産用語解説の解説

用益物権

他人が所有している土地につき、その土地を一定の範囲内において使用、収益できる権利。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようえきぶっけん【用益物権】

他人の物を一定の目的のために使用,収益する権利のうち,物権たるものを用益物権という。民法では地上権(265~269条ノ2),永小作権(270~279条),地役権(280~293条),および共有の性質を有しない入会(いりあい)権(294条)の4種類が認められている。これらの用益物権はいずれも他人の土地に対する権利である。土地以外の物に対しては,賃貸借使用貸借(無償の場合)など,債権による権利以外にはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようえきぶっけん【用益物権】

他人の土地を使用・収益する物権。民法上は地上権・永小作権・地役権・入会権。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用益物権
ようえきぶっけん

他人の土地を一定の目的のために使用収益する物権。所有権の機能の一部を制限するので、担保物権とともに制限物権として、所有権に対立する。民法上の権利では、地上権、永小作権、地役権、共有の性質をもたない入会(いりあい)権がこれにあたる。また、特別法上の権利としては、採石権、鉱業権、漁業権などは物権として規定されており(採石法4条3項、鉱業法12条、漁業法23条1項)、これらは用益物権にあたる。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用益物権の関連キーワード制限物権政治結社レンタカー借りる規程修繕義務組織的料地保険の目的の譲渡リスト・オーナー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

用益物権の関連情報