接壌(読み)せつじょう

精選版 日本国語大辞典「接壌」の解説

せつ‐じょう ‥ジャウ【接壌】

〘名〙 ある土地が他の土地と接近していること。また、ある土地と接近している土地。〔漢語字類(1869)〕
※東京日日新聞‐明治三四年(1901)一一月一三日「清国無政府の状態持続する限り露の其の接壌の地に在て」 〔漢書‐武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「接壌」の解説

せつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【接壌】

ある土地が他の土地に接近していること。
「北方英領と―の地」〈新聞雑誌一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「接壌」の解説

【接壌】せつじよう(じやう)

地続き。〔漢書、武帝紀〕(元狩元年)日(さき)には淮南衡山學を修め、賂(くわろ)を(ほしいまま)にし、兩國接壤して、(いざな)はれ、(さんしい)を(な)す。此れ(われ)の不なり。

字通「接」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android