コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衡山 コウザン

世界大百科事典 第2版の解説

こうざん【衡山 Héng shān】

中国,湖南省の中東部,衡山県の西15kmにある山。その南・東・北の3面を湘江がめぐって流れる。隋の文帝(在位581‐604)以後,南岳として尊ばれ五岳の一つとなった。岣嶁山(こうろうざん)とも呼ばれる。周囲約400kmで,花コウ岩より成る断層山脈で,山容は雄大。72峰あり祝融(1290m),天柱芙蓉,紫蓋,石廩(せきりん)の5峰が有名。山中に南台寺,祝聖寺などの大寺院があり礼拝者が絶えず,天台・禅の名僧駐錫したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうざん【衡山】

中国、湖南省中部にある山。五岳の一。七二峰ある。南岳。ホン-シャン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衡山
こうざん

ホン(衡)山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衡山
こうざん / ホンシャン

中国、湖南(こなん/フーナン)省中東部、湘江(しょうこう/シヤンチヤン)西岸を南北に連なる小山脈。古代から国の鎮めとして尊崇された五岳(ごがく)の一つ南岳(なんがく)である。『書経』の「舜典(しゅんてん)」に、舜が南岳に至ったと伝えるのをはじめ、古文献に名高い。漢の武帝は南岳の名を安徽(あんき/アンホイ)省の霍山(かくざん/フオシャン)(天柱山)に移し、隋(ずい)の文帝がこれを衡山に復した。衡陽(こうよう/ホンヤン)盆地の北にそびえ、最高峰祝融(しゅくゆう)峰(1290メートル)をはじめ、紫蓋(しがい)、雲密(うんみつ)、石廩(せきりん)、五柱など72峰が命名されている。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の衡山の言及

【湖南[省]】より

…恵帝のとき,桂陽郡を江州の属郡とし,懐帝のとき,荆州から湘州を分置して長沙を州治とした。南北朝時代には宋が湘州を置いて巴陵郡を増置するなど,さまざまに変遷したが,隋は諸州を廃止して,改めて沅陵,武陵,澧陽,巴陵,長沙,衡山,桂陽,零陵等の郡とし,ともに荆州に属せしめた。唐は東部を江南西道,西部を黔中道,北西部を山南東道とした。…

※「衡山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衡山の関連キーワードホンヤン(衡陽)特別市四岳・四嶽五岳・五嶽安徽(省)南岳・南嶽湖南学派松平定喬成島司直馬 英九木村東仙万世の後石頭希遷羅栄桓王夫之嫁御前沈鈞儒公孫弘文徴明九雲夢李泌