コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セツ

デジタル大辞泉の解説

せつ【接】[漢字項目]

[音]セツ(慣) ショウ(セフ)(呉)(漢) [訓]つぐ
学習漢字]5年
触れるほど近づく。くっつく。「接岸接近接触接吻(せっぷん)間接近接直接密接隣接
くっつけてつなぐ。つぐ。「接合接骨接続逆接順接溶接連接
人と会う。「接客接見接待応接面接
受け取る。「接収
雌雄がまじわる。「交接
[名のり]つぎ・つら・もち
[難読]接骨木(にわとこ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

接の関連キーワードクラスレイト化合物クラスレート化合物コタンジェント然らずんば合釘・間釘沸かし接ぎコレイン酸それならそいじゃからにはさかいにだけれどさかいで然れどもそれともガス圧接ところそして然して鑞付け

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接の関連情報