コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接峰面 せっぽうめん summit level

2件 の用語解説(接峰面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接峰面
せっぽうめん
summit level

山地の山頂などに接するように仮想された曲面。地形を概観するときや,過去の地形面を再現するために用いられるもので,所定の地域を方眼で区分して (方眼の大きさは目的に応じて定める) ,それぞれの最高点を選び出し,その点をもとに等高線を描くか,一定の幅以上の谷を埋めた等高線を描いて作成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

接峰面【せっぽうめん】

切峰面とも書く。大小の谷に刻まれた山地に,たとえばふろしきのようなカバーをかけ,谷の影響を取り除いた場合に考えられる仮想の地形面。浸食によって谷が刻まれる前の原地形に近い面と考えられ,これを図化したものを接峰面図という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

接峰面の関連キーワード仮想機械八溝山謦咳に接する仕向ける横付け切峰面火山地溝補仮想仕事の原理神埼[町]頓原[町]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone