コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接峰面 せっぽうめんsummit level

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接峰面
せっぽうめん
summit level

山地の山頂などに接するように仮想された曲面。地形を概観するときや,過去の地形面を再現するために用いられるもので,所定の地域を方眼で区分して (方眼の大きさは目的に応じて定める) ,それぞれの最高点を選び出し,その点をもとに等高線を描くか,一定の幅以上のを埋めた等高線を描いて作成する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

接峰面【せっぽうめん】

切峰面とも書く。大小の谷に刻まれた山地に,たとえばふろしきのようなカバーをかけ,谷の影響を取り除いた場合に考えられる仮想の地形面。浸食によって谷が刻まれる前の原地形に近い面と考えられ,これを図化したものを接峰面図という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

接峰面の関連キーワード切峰面

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android