コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接阻峡 せっそきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接阻峡
せっそきょう

静岡県中部を流れる大井川上流,川根本町の梅地付近から静岡市井川ダムにかけての峡谷井川付近は標高約 1000mの山間部であるため,大井川は激流となり,川中にある巨岩川岸絶壁とぶつかり合い,壮観を呈する。かつては木材流送の際の難所であった。大井川鉄道井川線が走り,車窓からの原生林の紅葉はみごとである。近くに接阻峡温泉がある。奥大井県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕接阻峡(せっそきょう)


静岡県北部、大井(おおい)川上流部にある峡谷。井川(いかわ)ダムから梅地(うめじ)付近までをさす。急峻(きゅうしゅん)な山腹を深く刻んで曲流する穿入蛇行(せんにゅうだこう)に特徴がある。モミ・ツガの原生林におおわれた渓谷美が展開。大井川鐵道井川線の車窓からの眺望がよい。上流に井川湖がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の接阻峡の言及

【大井川】より

…そこから下流には昭和30年代にあいついで完成した畑薙(はたなぎ)第一,同第二,井川などのダム群が連続する。これら巨大ダム群の人工美は,井川ダムの直下に続く接阻(せつそ)峡,寸又川の寸又峡の壮絶な峡谷美などとともに奥大井県立自然公園に,また雄大な山岳美を誇る赤石山脈の稜線部は南アルプス国立公園にそれぞれ指定されている。井川湖畔の井川は,接阻峡の存在によって,かつては下流との交通を遮断された陸の孤島であったが,これらの電源開発によって千頭(せんず)との間にダム工事用の軌道(現,大井川鉄道井川線)が1954年に通じ,また静岡市側からも井川林道が開通して,一躍奥大井観光と南アルプス登山の拠点となった。…

※「接阻峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接阻峡の関連キーワード静岡県榛原郡川根本町本川根

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android