コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井川 いかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井川
いかわ

徳島県西部,三好市中北部の旧町域。吉野川中流南岸にある。 1959年辻町,井内谷村が合体して成立。 2006年三野町,池田町,山城町,東祖谷山村,西祖谷山村の3町2村と合体して三好市となった。中心地区は辻。河岸段丘上のタバコ栽培が盛んで,古くから「阿波刻み」の名で知られた。米作を中心に茶,ユズなどを産する。大部分が四国山地にあり,日ノ丸山 (1240m) 付近は剣山国定公園に属する。古刹長楽寺があり,寺宝の絹本著色楊柳観音像は国指定重要文化財。

井川
いかわ

静岡県中部,静岡市北西部の旧村域。大井川上流域にある。 1889年村制施行。 1969年静岡市に編入。北および東は山梨県,西は長野県に接し,大井川の源流から川根本町まで約 70kmの流域と東の安倍川支流中河内川流域の口坂本までを含む。チャ (茶) ,ワサビの商品作物の栽培は出作の焼畑によってきた。かつて口坂本と井川を結ぶ大日峠が井川に通じる唯一の交通路であった。 1954年ダム工事用軌道が開通し,井川ダム,畑薙ダムが完成。井川林道により静岡市の市街地と結ばれ,また,ダム軌道が大井川鉄道井川線となり,川根本町千頭まで,さらに千頭-金谷 (島田市) 間の本線で東海道本線と結ばれた。これにより観光開発が盛んとなり,奥大井の観光拠点の一つとなった。南アルプス (赤石山脈 ) の登山基地。一部は奥大井県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井川
いかわ

徳島県北西部、三好(みよし)郡にあった旧町名(井川町(ちょう))。現在は三好市の北東部を占める地域。吉野川南岸にある。旧井川町は、1959年(昭和34)辻(つじ)町と井内谷(いのうちだに)村が合併して成立。2006年(平成18)三野(みの)、池田、山城の3町および東祖谷山(いややま)、西祖谷山の2村と合併、市制施行して、三好市となった。JR徳島線が通じ、土讃(どさん)線を分岐する。鉄道と平行して国道192号が通じ、徳島自動車道の井川池田インターチェンジが設置されている。南の水ノ口(みずのくち)峠(1110メートル)は大正時代に祖谷道が通じるまでは、小祖谷(おいや)への重要な交通路であった。中心の辻地区は井内谷の谷口集落で、藩政時代から刻み煙草の特産地として知られた。地域の東部にあたる旧井内谷村は、1842年(天保13)貢租減免を要求して百姓400人が強訴した井内谷一揆(いっき)の起こった所。腕(かいな)山(1333メートル)の北側斜面にはスキー場がある。長楽寺には国指定重要文化財の絹本著色楊柳(ようりゅう)観音像がある。[高木秀樹]
『『井川町史』(2006・井川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の井川の言及

【大井川】より

…静岡・山梨県境の赤石山脈北東部,間(あい)ノ岳(3189m)の南斜面に源を発し,静岡市井川の下流からは駿河・遠江の国境をなしつつ南流し,大井川平野の南西端で駿河湾に注ぐ川。静岡県内に終始する河川としては最も規模が大きく,特に幹川流路延長160kmは日本の河川の中でも上位だが,反面,全流域面積1280km2は長さに比べて著しく狭く,日本でも屈指の急流である。…

※「井川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井川の関連キーワードヒロシマ 原爆投下までの4ヶ月秋田県南秋田郡井川町八田大倉秋田県南秋田郡井川町保野子秋田県南秋田郡井川町浜井川秋田県南秋田郡井川町北川尻秋田県南秋田郡井川町宇治木秋田県南秋田郡井川町小竹花アナザーウェイ/D機関情報秋田県南秋田郡井川町井内秋田県南秋田郡井川町大麦秋田県南秋田郡井川町黒坪秋田県南秋田郡井川町坂本秋田県南秋田郡井川町今戸秋田県南秋田郡井川町赤沢秋田県南秋田郡井川町寺沢秋田県南秋田郡井川町葹田南アルプスあぷとライン静岡県静岡市葵区井川井川町歴史民俗資料館暴れん坊将軍〈11〉

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井川の関連情報