掩網(読み)かぶせあみ(英語表記)cover net

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁業の網漁具のうち、運用漁具の一つで、魚群の上方から網をかぶせかけて漁獲する漁法の網具類をいう。円錐状の網型で浮子(あば)は取り付けていない。網裾(あみすそ)部に沈子(ちんし)を取り付け、円錐状の先端に投げ縄を結着させてある。投網もその一種である。
 1人の人力で網を投げ打つ(投げ入れる)のだが、その際に網裾が平均的に広がるよう投げ打ち、投げ縄の先端部分を自分の腕にからませておく方式を投網(とあみ)(打ち網)という。この投網を大型化し数人で投げ打つ方法を卸網(おろしあみ)という。また、網裾部に木製・竹製の枠で固定した袋状の網を張った提灯網(ちょうちんあみ)などがある。
 主として河川や湖沼でアユ、フナ、コイ、ハゼ、ウグイなどの淡水魚を漁獲対象とするが、海でも海岸近くでボラ、クロダイなどの海水魚を漁獲対象とし、遊漁用の漁具として使用されることが多い。[添田秀男・吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android