提灯持(読み)チョウチンモチ

デジタル大辞泉の解説

ちょうちん‐もち〔チヤウチン‐〕【灯持(ち)】

夜道や葬列などで、提灯を持って先導する役。また、その人。
ある人の手先となってその人をほめてまわること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうちん‐もち チャウチン‥【提灯持】

〘名〙
① 夜道や葬列などで、提灯を持って一行の先頭に立つ役。また、その人。
※石山本願寺日記‐証如上人日記・天文五年(1536)五月六日「願証寺葬送卯剋也〈略〉ちゃうちんもち四人は爰許坊主衆子共也」
② 他人の手先に使われて、その人の長所を吹聴してまわったりすること。また、それをする人。
※洒落本・箱まくら(1822)中「どふやら丁(テウ)ちんもちらしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報